So-net無料ブログ作成
検索選択
アメリカ ブログトップ
前の20件 | -

NAPA旅行 まだまだ続くワイナリーめぐり [アメリカ]

今回、まわったその他のワイナリー。

DOMAINE CHANDON
ワイナリーに併設されているレストランのテラスでランチ。テラスの前の芝生のお庭ではレストランウェディングがおこなわれていました。
DSC04656.jpg  


3人で3種類のシャンパンをオーダー。お昼から泡モノ。幸せ♪
DSC04693.jpg  


NAPAの北に位置するカリストガにあるSterling Vineyards。なんとこのワイナリーにはゴンドラにのっていきます。景色の良いワイナリーです。
DSC04692.jpg  


Silver Oakにもいきました。前回は工事中だったテイスティングルームが出来上がっていました。
DSC04661.jpg  


モダンなテイスティングルームにあるセラー。
DSC04665.jpg  



このほかに、Heitze Cellerにも立ち寄り、今回購入したワインはこちら。
DSC04706.jpg  


もちろん、箱に入れて持って帰ってきました。成田空港で払った税金は1300円ですが、これでも円高のお陰でかなりお得なワインたちです。
DSC04708.jpg  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

NAPA 旅行 ホテルVillagio Inn & Spaと朝ごはん [アメリカ]

今回の宿はワイナリーめぐりに便利なYountvileにあるVillagio Inn & Spa。Highway29からすぐ、可愛いYountvilleの町の中心にあります。
ホテルのエントランス。花で綺麗に飾られています。
DSC04703.jpg  


ホテル敷地内にお部屋の棟がそれぞれ建っている形式。NAPAやSONOMAのホテルによくあるパターン。ホテルのカウンターやレストランには、この小道を通って向かいます。
DSC04642.jpg  


DSC04640.jpg   一階に位置するお部屋。それなりの広さはありますが、ちょっと暗い。日本人は、パーっと明るい部屋を好むからかな。アメリカに良くあるアパートの半地下の部屋みたい。ネスプレッソ、エビアン、コーヒーは部屋についていて、自由に飲めます。


1回目の朝ゴハン。この日は、オムレツをメインに、チーズ、フルーツなど。ボリュームのあるオムレツ・・・具をたくさん入れてオーダーしすぎました。欲張りな私。。。
DSC04645.jpg  


2回目の朝ゴハン。この日は部屋の中がいっぱいだったので、ちょっと寒いけど外のテラスで。土曜日曜はワッフルを焼いてくれるワゴン登場。もちろんアメリカンなワッフル大好きな私としては、外せません!!ベリー類やクリーム、ナッツ、チョコレート、メープルシロップ等のトッピングは好きなだけ自分でのせることができます。後ろにみえる飲み物は周りの人が飲んでいるのを見よう見まねでオーダー。エスプレッソ、カフェオレ、スチームミルクの3段重ねの暖かい飲み物です。朝から幸せ~
DSC04682.jpg  


3回目、最終日の朝ゴハン。最後にはやはりワッフル。ただし、3人でシェア。食べ過ぎはいけません。そのかわり、、トッピングの量が多いのはご愛嬌。
DSC04702.jpg  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

NAPA旅行 robert mondavi VS Opus One [アメリカ]

NAPAといえば、Opus OneRobert mondavi。今回、この2つのワイナリーを訪問。


DSC04634.jpg  


NAPA初日の最後はRobert Mondaviへ。テイスティングはアポイント無しでOK。4種類飲めて$20。もちろん3人でシェア。テイスティング可能なワインは7,8種類ぐらいあったかな。その中からシャルドネ、ピノ、カベルネソーヴィニヨン2種類を選択。とても愛想の良いお兄さんとお喋りしながらのテイスティングは楽しい、全部飲んだところで、メルローも飲みたいっとリクエスト。さらにテイスティングメニューの中で一番高い$65のカベルネソーヴィニヨンを飲みたいとおねだり。お兄さんは快くグラスについでくれました。結局6種類のワインをテイスティング。シャルドネはナッツや熟した洋ナシの香りがしてGOOD! さらにOakville Cabernet Sauvignonはお値段$45で、スパイシーな香りが良く、この2つをお買い上げ。
DSC04636.jpg  



翌朝、10:00にOpus Oneへ。Opus Oneは事前予約が必要。Oakvilleの一番南に位置しますが、High way 29からゴージャスな建物を見ることができ、道に迷うことはありません(笑)。重いドアを開けて受付のお姉さんに名前を告げると紙切れを一枚くれます。テイスティングOKみたいなことが書かれていました。そのままテイスティングルームへ。テイスティングはシェアOK。料金$30。それも1杯!!さすがOpus Oneです。。。グラスを持って屋上テラスへ。
DSC04653.jpg  


オープンしたての時間なので、ほとんど人はいません。気持ちの良いカルフォルニアの青い空を見ながらのテイスティングで気分はサイコー! 肝心のワインは2007 Vintage。Cabernet Sauvignon 79%, Merlot 8%, Cabernet Franc 6%, Petit Verdot 6% and Malbec 1%。 やはりOpus Oneというだけあって、香りといい、味といい、うー、おいしいです。グラスにワインが注がれただけで、心地よい香りが当たり一面に充満。しかし値段もさすがの$200。悩みましたが、テイスティングしただけで満足したということで、今回は見送り。
後から来た人は1ケース購入してました。$2400也。私にも1本でいいから買ってーといいそうになりました。それでもテイスティング料金のおまけはなかったみたいです(笑)
DSC04654.jpg  


Robert Mondaviは、とてもカジュアル。ワイナリー、テイスティングルームの人の雰囲気ともに親しみやすさあり。もちろんお値段も良心的かな。対してOpus Oneは重厚。親しみやすいというより、クールな感じ。まあそれぞれ好みはありますが、私はRobert Mondaviに1票。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

NAPA旅行 V.Sattuti winary [アメリカ]

4泊5日でカルフォルニア NAPAへ女性3人旅。サンフランシスコ空港(SFO)からは車で1時間強。まず向かった先は・・・
St.Helenaの南、Highway29号沿いにある「V.Sattuti winary」。ここはDeliコーナーピクニックエリアがとても充実しているので、まずはここで腹ごしらえ。3度目の訪問。これまでは初春や晩秋だったためか、それほど多くの人ではなく好きな場所に座ってランチができていました。が、、今回はすごし易い季節のためか、Winay内は人・人・人。車を止めるだけで一苦労です。さらにピクニックエリアはほぼ満席。。。みんな同じことを考えるんですね(笑)。でも、みんな楽しそうにピクニックを楽しんでいます。
DSC04630.jpg  


Deliコーナーで、番号の書かれた紙をとってオーダーの順番待ち。これアメリカスーパーのDeliコーナーの方式。10分ほどすると私たちの順番に。ターキーサンドウィッチ、グリル野菜のマリネ、イカのサラダをオーダー。アメリカ人は1人ひとつのサンドウィッチをオーダーしていますが、私たちにはとても無理、サンドウィッチはひとつで十分。(笑)。恐らくほとんどの日本人がそうしているのか、お店の人も心得ていて、サンドウィッチをちゃんと3つにわけてくれました。親切ですね。もちろん冷えたワインも一緒に購入。ちなみに、紙コップなどピクニックに必要なものは2つセットで$0.75。(たしか以前はワインやサンドウィッチを買うと貰えていましたが、変わったんですね)
DSC04631.jpg  


DSC04632.jpg   ワインは白ワイン。Dry Muscat。昼間、外で飲む白ワインは最高です。ターキーサンドウィッチも野菜類もGOOD!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Sonomaのお薦めの小さな街「Healdsburg」 [アメリカ]

ワイナリー巡りの途中に立ち寄った街「Healdsburg」の市街地。「地球の歩き方」をはじめ、日本語ガイドマップでは、「Healdsburg」に関する説明は数行しかありませんが、実際に行ってみると、小さな街ですがとてもステキな所で、いっきに気に入ってしまいました。Healdsburgにはたくさんのワイナリーもあるので、その休憩に、お薦めの場所です。
DSC02146.jpg   市街地の中心には小さな公園があり、それを囲むように本屋さん、レストラン、雑貨店、ギャラリーなどステキなお店が並んでいます。街路樹が綺麗に紅葉していて、ウィンドウショッピングを楽しめます。アメリカの地方の小さな街という感じで、ボストンの近郊にあった「Concord」や「Lexington」、「Andover」の街を思い出しました。もちろん、道端に車を止める場所があって、駐車代はタダ♪


DSC02149.jpg   その中で見つけたスーパー「Oakville Grocery」。お店の中の柱がCandy Caneになっていたりと、クリスマスディスプレイもステキなスーパーでした。売っているものもオリジナルの商品も多く、ついつい手が伸びてしまいそう・・(でも日本に持って帰ることを考えると、ためらう私)


DSC02147.jpg   スーパーの外には、暖炉が。その前に椅子テーブルがあり、スーパーで購入したサンドウィッチやコーヒー、サラダなどを食べることができます。


DSC02152.jpg   私の大好きな「m&m's」。こんなにカラフルです。量り売りしてました。ステキ♪

nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

San Francisco 「Spruce」でディナー [アメリカ]

今回のサンフランシスコ旅行前に調べた本で、今一番人気のレストランの一つに挙がっていた「Spruce」へ。San Francisco誌の「Best New Restaurant」にも選ばれたお店。ユニオンスクエアのホテルからタクシーで15分ほど、高級住宅街の一角にあるお店には、予約時間の19:30の少し前に到着。お店は人でいっぱい。しばらくバーで待つことに。が、、19:30を回っても席が空かない!!!結局20:00までバーで待つはめに。しかし、ここのバーのお兄さんがとてもいい感じの人で、待っている間も、ちょくちょく声をかけてくれ、自分も日本に行ったことがあるとか、、私たちをイライラさせない点はごうかーーーく。
DSC02227.jpg   私の前菜。なんだったか・・忘れてしまった(汗)


DSC02228.jpg   旦那さんの前菜。「Scallops」のグリル。中は半生、外はカリッとしていて、おいしかった記憶。


DSC02231.jpg   メインのカモ。このカモは味があって、上にのっているキャラメリゼされたフォアグラを少しのせて食べるとその甘みがカモのおいしさを倍増。下にはマスカット。こちらと一緒に食べると、また一味違う味に。色々なお味でカモを楽しむことができる一品。でも、このカモ自体がホントおいしいんだと思う。噛めば噛むほど味がでるという感じ。


DSC02234.jpg   店内はモノトーンで統一され、写真の正面はバー。とてもステキないまどきのフレンチレストラン。バーのお兄さんもいい感じの人だったけど、ギャルソンも訓練されていて、気持ちがいい。そういう点も人気が出る一つなのかも。


DSC02235.jpg   デザートは、ドーナッツ。隣の人が食べていて、同じのが欲しいって頼んだ一品。アツアツのあげたてドーナッツに、カスタードクリームと、手作りジャムをつけていただきます。うーーーん、最高♪


DSC02237.jpg   ということで、やっぱり人気のあるお店はいいなあと思った私。お薦めです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンフランシスコでカニ [アメリカ]

サンフランシスコでカニといえば、ベトナムレストラン「Crustacean(クラスティシャン)」。ローストクラブがおいしい。日本人も多く訪れていて、日本語メニューもあります。カルフォルニアラインの終点の近くにあります。
DSC02192.jpg   ガーリックロースト」。ダンジネスクラブを丸ごとガーリックソースでローストしています。ガーリックとオイル、塩、黒胡椒が、食欲をそそります。


DSC02195.jpg   気取った食べ方はできません。殻ごと手でつかみ、そのまま口へ♪ 無言で食べ続ける私たち2人。殻についたソースがまたおいしい。エプロンとお手拭が用意されますので、ご心配なく。一度食べるとやみつきな味です。


DSC02190.jpg   前菜は「ムール貝のガーリックソース焼き」。ソースをパンにつけて食べるといくらでも食べられそうです。


DSC02191.jpg   ベトナム風生春巻き。どのお料理も日本人好みの味付けです。いつも満席なので、予約がお薦めです。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アメリカの朝ゴハン San Francisco編 [アメリカ]

San Franciscoのホテルは、「Marriott Downtown」。ユニオンスクエアのそばで便利が良いので、、と思ったのが大間違い。ホテルの中があまりにもザワザワしすぎ・・・。部屋もあまり綺麗でないし・・・。朝ごはんも期待薄ということで、向かった先は・・・
DSC02202.jpg   朝8時前から、わざわざケーブルカーに乗って、向かった先は・・・


DSC02204.jpg   ワシントンスクエアにある「Mama's」。パンケーキやフレンチトースト、オムレツがおいしいと評判。いわゆる「アメリカの朝ごはん」を楽しめるお店。運が良かったのか、私たちが到着した時点では行列はできていませんでした。ちなみに帰るときには、行列出来てました。


DSC02205.jpg   まずレジに並んで、注文。それから席に案内されます。黒板には、おいしそうなメニューがいっぱい。そんな中から私が選んだのは!


DSC02207.jpg   「フレンチトースト、ベリー添え」。うぉーーーー、おいしい。外はカリカリ、中はしっとり。遠くまで来た甲斐がありました。周りを見渡すと、このメニューを選んでいる人が多かったような・・


DSC02208.jpg   旦那さんは、オムレツ。フワフワしていてボリュームも満点でGOOD!こちらには、パンもついていました。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Sonoma Mission Inn 「Sante」のディナー [アメリカ]

Sonoma Mission Inn内のメインダイニングルーム「Sante」でお夕食。アメリカAAAで4つ星を獲得したレストラン。期待を膨らませて、レストランへ。ドレスアップしたたくさんの人で賑わっていました。
DSC02109.jpg   前菜はサラダ。チコリと洋ナシ、カラメル風味の胡桃に、ブルーチーズドレッシング。洋ナシの甘さとブルーチーズが良く合います。半分ぐらいの量でいいかも。やはり日本人の私にはちょっと多め。


DSC02112.jpg   メインはカモのロースト。一切れが厚いため、食べ応えがあり、しっかりと味わえます。ここまで2皿ですが、もうお腹がはちきれそうです。


DSC02114.jpg   こちらは旦那さんのメイン。オマール海老です。プリップリの海老。基本的にアメリカの海老料理はおいしいと感じる私。


DSC02111.jpg   ワインは、MARTINELLIのCHARDONNAY。樽香と、ほのかな洋ナシの香り。クリーミー。おもわず、おいしいっ。
後日、MARTINELLIに寄って、同じワインをゲットしてしまいました。ちなみに、レストランではハーフボトル$70でしたが、ワイナリーでの購入価格は、フルボトル$40。さすがレストランです。


DSC02119.jpg   デザートはチョコレートスフレ。最近こういったスフレを出してくれるレストランが少なくなりました。やはり手間もかかるし、何よりタイミングが大変なので、レストランでは敬遠されるのでしょう。ギャルソンの方が、最初の注文の時に「スフレを食べたいなら、最初にオーダーしてね」と言ったときには、すぐに「私、スフレ」と、前菜、メインより先に決めてしまったぐらいですから。そして、この大きさ!!!!手の大きさより大きいサイズアメリカンなスフレでした。おいしゅうございました。


DSC02118.jpg   そして、お茶。ハーブティーを頼んだのですが、このティーサーバーの大きさ!隣のティーカップやゴブレットの大きさと比べると良くわかると思いますが、一体何杯分あるのだろう?と思ってしまうほど。それでも「おかわりは?」と聞いてくるあたり、、、、、そしてお隣の方はおかわりしていました。ふう。私は半分も飲めず、降参。


DSC02115.jpg   お隣の席は、この日結婚式をあげた二人のために、特別にセットアップされたテーブル。テーブルにはバラの花びらが。 基本的にワインに合わせていただくお料理だと思います。味は濃い目。でも、昼間ワイナリー巡りを楽しみ、夜はホテルでゆっくりとワインとお料理を楽しむ・・。うーーむ。至極の時間♪ 良いリフレッシュになりました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アメリカの朝ゴハン Sonoma編 [アメリカ]

朝食は、Sonoma Mission Inn内にあるレストラン「BIG 3」で。今回は朝食込みの宿泊プランを選択。するとなんと、なんと、メニューの中のものは、何をどれだけ食べてもOK。太っ腹です。

DSC02066.jpg   一日目。「レモン、クリームチーズ パンケーキ 3枚重ね」。生地の中にレモンの果汁と果肉、クリームチーズが練りこんであるパンケーキ。適度にしっとりしていて、ちょっと甘酸っぱくて、おいしい~。くせになりそうなパンケーキ。作り方を教えて欲しかった。これにオレンジジュース、コーヒーをいただきました。


DSC02122.jpg   2日目。「ワッフル ストロベリー&ホイップクリーム添え」。まさにアメリカのワッフル!ホイップは、アメリカのスーパーで見かける「ボンベに入っているホイップ済みのクリーム」!それも多すぎ。。 これに「オムレツとカリカリベーコン」をプラス。昨日と同様にオレンジジュース、コーヒーを。ちなみに、旦那さんは・・・(後ろの方に写っています)朝からニューヨークステーキを。すごすぎる。。3日目は、1日目と同じパンケーキを。大満足の朝食でした!

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Sonoma Mission Innでゆっくりと [アメリカ]

今回は、SonomaにあるFairmont Sonoma Mission Innでお泊り。Sonomaのダウンタウンからも近く、CA12沿いにあるので、ワイナリー巡りにも便利。

DSC02067.jpg DSC02120.jpg 広い敷地内にいくつもの建物が点在しています。


DSC02164.jpg DSC02165.jpg ロビーは温かい色合いの家具で統一され、暖炉もあって落ち着いた雰囲気。ゆったりと新聞や雑誌を読んでいるご婦人たちもちらほら。そして夕方になると、宿泊者にここでワインが振舞われてました。


DSC02124.jpg   もちろん、季節柄、巨大クリスマスツリーも。アメリカちっくに、オーナメントも大きめ。


DSC02069.jpg   この辺りは温泉地帯だそう。ホテル内に温泉があるかというと・・・・・それはない。残念。屋内には小さなジャグジーがあるだけ。あとは、この外に温水プールがありました。が、、さすがにこの寒さの中、誰も入っていません。


DSC02106.jpg   夜になると、電飾“となかいさん”。うーー、アメリカちっく。このとなかいさん、首を振るのです♪

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Sonoma ワイナリー巡り「Gary Farrel」 [アメリカ]

Santa Rosaから、Russian River沿いに西に行ったところにある「Gary Farrel」へ。
DSC02177.jpg   ワイナリーの入り口。ここに辿りつくまでにも、Santa Rosaの街から地図を頼りに、ずっと山の中のアメリカにしては細い道を登っていくので、本当にこの先にワイナリーがあるの?と疑いたくなるような場所にあるワイナリー。でも、多くの人がここを訪れていました。


DSC02183.jpg   高台にあるテイスティングルーム。眼下には、Russian Riverの支流が広がっています。風が気持ちいいテイスティングルームです。


DSC02180.jpg   カウンターの目の前には、ステキな景色が広がります。こんな景色を見ながら、テイスティングできる幸せ♪



Sonoma ワイナリー巡り「CHATEAU st JEAN」 [アメリカ]

朝からは、ホテルの近く、Sonoma Countyの KENWOODにある「CHATEAU st JEAN」へ。Sonomaの街からだと、車で北へ20分ぐらい。朝は霧・霧・霧。滞在した3日間ともに10時ごろまでは、車の運転が少し怖いぐらいあたり一面真っ白の霧。

DSC02076.jpg   アプローチからテイスティングルームの入り口までの小道。紅葉して綺麗。お庭も広々としていて、この時期、木々が紅葉していて、もう少し気温が高ければ、、と思いながら、そそくさと、テイスティングルームへ。


DSC02075.jpg   テイスティングルームの入り口。今回は、Reserve Wine 5種類をテイスティング。
Fume Blanc La petite Etoile 2006 / Chardonnay Sonoma County Rsv.2005 / Pinot Noir Sonoma County Rsv. 2006 / Cabernet Franc St Jean Estate Vyad 2005 / Cing Cepages 2005。シャルドネは、とてもクリーミー。Cing Cepagesは、Cabernet SauvignonとMerlotなどがブレンドされ、ブラックベリー、タバコ臭のするワイン。赤肉にあわせるとおいしいだろうなあと思いなが、テイスティング。


DSC02078.jpg   時期的に、どこのワイナリーもクリスマスツリーが。テイスティングルームには、ワインの小物のほか、サンドイッチやチーズなどが売られており、ここでサンドイッチなどを買って、ワイン片手に広いお庭でお昼を食べるのが良いですね。今回は、お昼の時間ではなかったので、パス。(実は、到着日にここでお昼を食べる予定でしたが、飛行機の遅れで、お昼の時間にSonomaまでたどりつけず、サウサリートでのハンバーガーになったのでした)


DSC02079.jpg   Napaに比べて、Sonomaのワイナリーは、公道からかなり奥に入ります。このワイナリーも、CA12の入り口から、ワイナリーの建物にたどりつくまでに、辺り一面、ぶどう畑のこの私道を5分ぐらい車を走らさないといけません。それだけ敷地が大きいのかも。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Sonoma ワイナリー巡り「LYNMER ESTATE」 [アメリカ]

Santa Rosaにある「LYNMER ESTATE」へ。ぜひ来たかったワイナリーの一つ。
DSC02095.jpg   窓が大きくて天井も高く、センスの良いテイスティングルーム。入り口から足を踏み入れたとたんに、パーッと明るい空間が目に入ります。手前に見えるのが、ガラス張りのワインセラー


DSC02096.jpg   テイスティングは、パティオにあるソファーに座ってゆっくりと。カルフォルニアの太陽の日差しの下で飲むワインは最高。12月だというのに、やはりカルフォルニアの昼間は温かいですね。しばらくボーっとしていたくなります。


DSC02094.jpg   どうせならということで、「RESERVE TASTING」を。$25。
2006 la Sereinite Chardonnay。シトラス系の香り。さっぱりとした後味。 2005 Estate Quail Hill Vineyard Chardonnay。同じシャルドネでも、こちらはナッツ系の香り。こちらのほうが好み。2005 Estate Quail Hill Vineyard Pinot Noir。2005 Five Sisters Pinot Noir。とてもスムーズ。どのワインもとてもおいしかったです。


DSC02090.jpg   気持ちの良いワイナリー。ぜひまたゆっくりと来訪したい一軒です。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Sonoma ワイナリー巡り「J Wine」 [アメリカ]

Healdsburgの中心から少し南にある「J wine」へ。
DSC02137.jpg   「The Bubble Room」。素敵なお部屋で、ワインに合うおつまみと一緒にテイスティングを楽しむことができます。


DSC02138.jpg   私は、4種類のスパークリングワインをテイスティング。それぞれのワインに合う4種類のCaviarとともに。ポテトクッキー、りんご、チップスなどがでてきました。
1998 J Vintage Brut / J Cuvee 20 / J Brut Rose / 1999 J Vintage Brut
この中で、最後の1999年がキリリとした味わいで、私好み。適度にフルーティだし。1998年は、もう少しトロンとした感じ。何より一緒に出てきたポテトクッキーが最高においしかった。キャビアがスパークリングワインに合うことを再認識。


DSC02140.jpg   旦那さんは、白ワイン4種類をテイスティング。Pinot Gris / 2005 Chardonnay / 2006 Chardonnay / 2007 Viogrier。こちらにも、それぞれの白ワインに合うおつまみ4種類と一緒に。


DSC02144.jpg   窓の外の素敵な景色を見ながら、ゆっくりと1時間ほどワインを楽しむことができました。お陰で、かなーーり酔いが・・・。これで1人$55と少々高めですが、テイスティングというより、ワインバーに来たという感じで楽しめます。

サンフランシスコ郊外 サウサリートのハンバーガー [アメリカ]

San Francisco&Sonomaへ旅行飛行機の出発が遅れ結局2時間近く遅れてサンフランシスコに到着。空港からレンタカーでCA101を北上、サンフランシスコの街中をさくっと通り抜け、向かった先は・・・
DSC02048.jpg   ゴールデンゲートブリッジを超えた対岸の街「Sausalito」。小さいけれど、お洒落なお店が立ち並ぶ素敵な街。ここで遅いお昼を。


DSC02050.jpg   今回最初のお食事は、ハンバーガーに決定!お店の入り口では、おいしそうなハンバーグたちがグリルの上でクルクル回ってます♪


DSC02052.jpg   その名も「Hambergers」。既に2時近い時間になっているため人は少なめですが、お昼時はお店の前には行列ができているとか。地球の歩き方にも掲載されているお店で、なんとその写真に写っていたおじさんが、そのまま同じ格好で、ハンバーガーを焼いてました。


DSC02053.jpg   チーズバーガーとポテトをオーダー。お店は狭くテーブル数も少ないため、多くの人は、そのまま向かいの公園へ。対岸のサンフランシスコの街を見ながら、食べるハンバーガーは最高~。写真の後ろにサンフランシスコの街が見えるのわかりますか?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

オーベルジュドソレイユで Thanksgiving Day ディナー [アメリカ]

昨年11月末にカルフォルニア ナパで泊まったホテル「Auberge du Soleil 」でのディナーを紹介。ここはレストランからスタートしていて、お料理はどれもおいしいとの評判を聞いていたので、ここでの食事を楽しみにしていました。
この日は、サンクスギビングデーで、メニューは特別コースのみ。どれも秋にちなんだ材料を使ったお料理で、アメリカにしては?!(失礼)、おいしく、満足満足のディナーでした。

前菜は、鴨のコンフィ、サラダ仕立て。鴨と、添えられているざくろの実のすっぱさと甘さがうまくマッチしています。もちろん鴨はやわらかい~。実はこれは旦那さんの前菜。

私のとはいうと・・
サーモンのカルパッチョ。これは・・普通のスモークサーモンだわん。旦那さんの方がおいしかった(泣)

かぼちゃのスープ。まんなかには、栗の上にサワークリームがのっていて、かぼちゃのスープのまったり感との相性がとてもいい感じ。温まります。

メインはや・は・り、“ターキー”でしょう。パサパサせず、とてもジューシーでした。アメリカでもこんなにおいしいターキーを食べることができるのか?!とちょっと感心。

デザートは、りんごの温かいプディング。ここまできたときには、すでに私のおなかは、はちきれそうな状態・・・

  コーナーのお席で。とてもゆったりとした落ち着いていました。昼間と同じ場所が、ライトアップされ、お客さんもみんなお洒落していると、雰囲気がぐっと変わり、不思議な感じ~。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

NAPA Valley ワイナリー巡り 「Heinze Celler / Hall」 [アメリカ]

Napa Valleryの続き。15時を過ぎ、ワイナリー巡りも大詰め。
Calistogaから車で30分。St. Helenaに戻り、「Heinze Celler」へ。有名なWineryということもあり、テイスティングルームは小さいけれど、人、人…。「何を飲みたい?」と聞かれ、「Cabernet Sauvignon」と伝えると、「まずはこれをどうぞ」と差し出され、飲み終わると「はい。次はこれ」というように、出されるママ次々とテイスティング~。最後には、ふと後ろを振り向いて、何やら奥から出してきたワインから注いでくれ「これはおいしいよ♪」。おーーー、おいしいぃ。お兄さんすかさず、机の上にあったワインリストをひっくり返し「ちょっと値段も高いけどね」だって・・・。やはり・・

結局、、Cabernet Sauvignon3本セットをお買い上げ~。テイスティングルームの奥には、ここもワイン畑が広がり、昼間であれば、散歩したかったところ。夕方になり、少々寒くなってきました。

そろそろどこのワイナリーもクローズのお時間。「あともう1件ぐらい行きたいねっ」ということで、目の前、道路を挟んだ反対側にある「HALL」へ。それにしても、このあたりは、ワイナリー、ワイナリー、ワイナリーばかり・・。この頃になると、二人とも完全に酔っ払い状態です(笑)

ワイナリー巡りでゲットしたワインを一同に並べて(笑)。持って帰ることを考え、1ダースまでとココロに決めて厳選。

St.Helenaの酒屋さんで、ダンボール&パッキング材料が$10で売られていて、その中にこうやって12本を入れて、持って帰ってきました。(写真を撮ったときには、2本はプレゼントした後)。そして入国時に150円/本 を税金として支払いました。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

NAPA Valley ワイナリー巡り 「Chateau Motelena Winery」 [アメリカ]

Silver Oak」から一度ホテルに戻り、お部屋にあったカップヌードルでお昼。最初、お部屋でカップヌードルを見つけた時には「こーんなの食べないよね~」と笑っていたけれど……。朝からワインとパンやクラッカーばかり食べ過ぎたお腹にはちょうどいい感じ。計画では、St.Helenaの中心にある有名なハンバーガーショップ「Taylor's Refresher」で昼食を食べる予定でしたが、あきらめました。お昼寝のあと、向かった先は・・

  ホテルから20kmほど離れたNapa Valleyの北の端、Calistogaにある「Chateau Motelena Winery」。14時からのワイナリーツアーを予約していたのでした。テイスティングルームの入口です。

ツアースタート!おねえさんに連れられて、テイスティングルームの入口脇からぐるっと建物の側面にまわると・・・あれ?この建物ってお城なのね。だから「Chateau」って名前がついているか。と納得。さきほどの入り口はお城の上層階部分だったというわけ。ワイナリー所有のブドウ畑も見学。

  一時中国人のオーナーだったこともあり、ワイナリー内には中国風の庭園があったりや【福】という漢字が飾ってあったりと、ちょっと東洋風。説明のおねえさんに「この意味は?」と問われ、「Happiness」と答えたら、「えーーー、私はずっと違う意味で説明していた。うそをついていたわ。」と騒がれてしまった。でも肝心の「彼女が理解していた意味」については、理解できず・・・・(英語をもっと勉強しなさいっ)

  お城の中に戻ると、そこはワインの貯蔵庫。今年樽に詰めたものも発見。ジメジメしてます。

  やっと、テイスティングターイム♪今日テイスティングできるワインは全部で6種類。お姉さんの説明にあわせ、左から一つづつ飲んでいく形式。


左から順に。
Riesling, Potter Valley, 2006
Chardonnay, Napa Valley, 2005
Zinfandel,Motelena Estate, 2004
Cabernet Sauvignon, Napa Valley,2004
Cabernet Sauvignon,Motelena Estate, 2003
Cabernet Sauvignon,Motelena Estate, 1998

一番美味しかったのは、最後から2つ目。2003年のCabernet Sauvignonかな。
今回学んだことは、ワインをおいしく上手に飲むコツ。ワインと同量のミネラルウォーターを飲むこと。そうすることで、体にも良いらしい。どのワイナリーに行っても同じこと言われました。へぇ~。
実践したところ、グルグル酔っ払うことはなかったかも?!(顔はいつもの通り、赤くなりましたが。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

NAPA Valley ワイナリー巡り 「ZD Winery / Silver Oak」 [アメリカ]

次に行ったのは「ZD Wines」。静か・・ここにも誰もいない。左写真の奥がテイスティングルーム。それほど大きくありませんが、良い感じのワイナリー。

  ワインセラーに入れてもらいました。ZDができたころからのワインが置いてあるそうです。説明してくれたお兄さんもとても感じが良かったですっ!

Silver Oak」に到着!今までと違い、(時間もお昼近くになったから?)すごい人。テイスティングルームは工事中のため、仮の建物でした。そのテイスティングルームも混雑。ラベルにもなっている塔も残念ながら工事中で、写真を撮る気にもならず・・・。

  実は、ZDからSilver Oakに向かう途中で、「MINER」に行ったのですが、、残念ながらこの日はクローズ。門が閉まっていました。写真左に見える遠くの白い建物が、テイスティングルーム。あそこから見る景色はいいんだろうなあ・・と残念~


【後日談】
翌日サンフランシスコに戻る途中で、寄ってみたら・・門が開いている!そして、Open時間前にもかかわらず、テイスティングルームの窓から中を覗いていたら・・・
ワイナリーの人:「誰?オープンまであと30分ぐらいあるよ。後でおいで」
私たち:「今日これからサンフランシスコに戻らなければならないの」
ワイナリーの人:「そんなに時間がないの?次の機会は無いの?どこから来たの」
私たち:「日本から。明日の朝の飛行機で帰るの」
ワイナリーの人:「・・・・・・・・(しばらく考えて)入っていいよ」
ということで入れてもらうことが出来ました!もちろん、テイスティングもできました。やっぱりトライしてみるものですね。(かなり、しつこかったかも・・)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の20件 | - アメリカ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。