So-net無料ブログ作成

NAPA旅行 robert mondavi VS Opus One [アメリカ]

NAPAといえば、Opus OneRobert mondavi。今回、この2つのワイナリーを訪問。


DSC04634.jpg  


NAPA初日の最後はRobert Mondaviへ。テイスティングはアポイント無しでOK。4種類飲めて$20。もちろん3人でシェア。テイスティング可能なワインは7,8種類ぐらいあったかな。その中からシャルドネ、ピノ、カベルネソーヴィニヨン2種類を選択。とても愛想の良いお兄さんとお喋りしながらのテイスティングは楽しい、全部飲んだところで、メルローも飲みたいっとリクエスト。さらにテイスティングメニューの中で一番高い$65のカベルネソーヴィニヨンを飲みたいとおねだり。お兄さんは快くグラスについでくれました。結局6種類のワインをテイスティング。シャルドネはナッツや熟した洋ナシの香りがしてGOOD! さらにOakville Cabernet Sauvignonはお値段$45で、スパイシーな香りが良く、この2つをお買い上げ。
DSC04636.jpg  



翌朝、10:00にOpus Oneへ。Opus Oneは事前予約が必要。Oakvilleの一番南に位置しますが、High way 29からゴージャスな建物を見ることができ、道に迷うことはありません(笑)。重いドアを開けて受付のお姉さんに名前を告げると紙切れを一枚くれます。テイスティングOKみたいなことが書かれていました。そのままテイスティングルームへ。テイスティングはシェアOK。料金$30。それも1杯!!さすがOpus Oneです。。。グラスを持って屋上テラスへ。
DSC04653.jpg  


オープンしたての時間なので、ほとんど人はいません。気持ちの良いカルフォルニアの青い空を見ながらのテイスティングで気分はサイコー! 肝心のワインは2007 Vintage。Cabernet Sauvignon 79%, Merlot 8%, Cabernet Franc 6%, Petit Verdot 6% and Malbec 1%。 やはりOpus Oneというだけあって、香りといい、味といい、うー、おいしいです。グラスにワインが注がれただけで、心地よい香りが当たり一面に充満。しかし値段もさすがの$200。悩みましたが、テイスティングしただけで満足したということで、今回は見送り。
後から来た人は1ケース購入してました。$2400也。私にも1本でいいから買ってーといいそうになりました。それでもテイスティング料金のおまけはなかったみたいです(笑)
DSC04654.jpg  


Robert Mondaviは、とてもカジュアル。ワイナリー、テイスティングルームの人の雰囲気ともに親しみやすさあり。もちろんお値段も良心的かな。対してOpus Oneは重厚。親しみやすいというより、クールな感じ。まあそれぞれ好みはありますが、私はRobert Mondaviに1票。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。